すでに認定されている被扶養者の給料が、月額基準額である108,334円を超えてしまいました。扶養から外さなければいけませんか。

月額基準額を超過したのが連続三か月未満であれば引き続き被扶養者として認定できます。ただし、勤務先と取り交わしている雇用契約内容が月108,334円を上回る内容である場合や、1~12月に限らず過去12か月の収入を足し合わせた時に130万円を超過する場合は、扶養から外す手続きを行ってください。


既に被扶養者として認定されている方は、雇用契約の内容から月108,334円以上の収入が連続して3か月以上見込まれるとき、もしくは、実際に3か月継続して月108,334円以上の収入を得たときは、扶養から外す手続きが必要です。この場合、就労開始日や雇用契約変更日、月額108,334円を3か月連続して超えた最初の月の初日等が資格喪失日となります。

(あわせて、「Q.被扶養者となれる収入基準はいくらですか?」を参照してください。)

Posted in: 扶養認定について

このページのトップへ