妻がパートで働いていますが被扶養者のままでいられるのでしょうか?

平成28年10月施行の法改正により、短時間労働者(パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・嘱託など)の健康保険と厚生年金保険への加入対象が拡大されました。

所定労働時間が「週30時間以上」である方、又は、

①所定労働時間が「週20時間以上」
②月額賃金8万8千円以上
③勤務期間1年以上見込
④学生でない
⑤従業員501人以上の企業

の①~⑤の条件の全てを満たしている方は、ご自身で勤務先の健康保険に加入することになります。

勤務先の健康保険に加入後は、共済組合の被扶養者の資格を継続することはできません。該当する方を扶養している場合は、必ず被扶養者の資格喪失の手続きを行ってください。条件の対象となるかわからない場合は、被扶養者の勤務先に確認してください

また、この条件に該当しない場合であっても、収入が収入基準額を上回る場合や、収入基準額を上回る見込みのある雇用契約を結んでいる場合は被扶養者として認定できません。(収入基準額は「Q.被扶養者となれる収入基準はいくらですか?」を参照してください。)

Posted in: 扶養認定について

このページのトップへ