被扶養者でないと、埋葬料は請求できないのでしょうか。

原則として、組合員の死亡当時、その組合員の被扶養者であり、かつ埋葬を行った方が請求できることになっています。

埋葬料の支給を受けるべき人がいない場合には、実際に埋葬を行った人が請求し、埋葬料の金額の範囲内で、実際に埋葬に要した費用に相当する金額を支給します。

Posted in: 医療(短期給付)について

このページのトップへ