訪問看護を受けたとき
《訪問看護療養費/家族訪問看護療養費》

在宅で訪問看護を受けている患者さんの絵

 組合員や被扶養者に、在宅での療養の世話や診療の補助が必要と医師が認めれば、指定訪問看護事業者から、訪問看護や介護などを受けることができます。一部負担金(自己負担金)は下表のとおりです。

 なお、40歳以上の方の場合、病気の種類によっては介護保険が使えることがあるので、確かめてみましょう。

訪問看護を受けたときの一部負担(自己負担)

70~74歳 1割負担(現役並み所得者は3割)
小学校入学後~69歳 3割負担
小学校入学前 2割負担
当共済組合の付加給付金
一部負担金払戻金

・1件当たり自己負担額が25,000円を超えたとき。
ただし、上位所得者(標準報酬月額530,000円以上の組合員)は、50,000円を超えたとき。
(100円未満を控除し、その額が1,000円未満は支給しない)

・1件当たりの自己負担額が21,000円を超えたものが2件以上ある場合、合算して一律50,000円を超えたとき。
ただし、上位所得者(標準報酬月額530,000円以上の組合員)は、合算して100,000円を超えたとき。
(100円未満を控除し、その額が1,000円未満は支給しない)

高額療養費控除後

 
家族訪問看護療養費附加金

1件当たり自己負担額が25,000円を超えたとき。
ただし、上位所得者(標準報酬月額530,000円以上の組合員)は、50,000円を超えたとき。
(100円未満を控除し、その額が1,000円未満は支給しない

高額療養費控除後

このページのトップへ